【配慮】特例子会社の実態【とは】

社çã®ã¤ã©ã¹ã

めちゃくちゃお久しぶりです。でこぼこじんです。

何か月ぶりかな。まだこのブログを見ていただいている方がいるかどうか存じ上げませんが、近況でも書いてみませう。


・・・なんというかブログの書き方を忘れた。

どういうテンションで書いてたんだっけか。。

さて、わたくし、前回の記事で企業の面談会(合同面接会みたいなやつ)

に行ってきました!というところで終わっていたようです。

その中の1社から拾っていただき、使用期間等々を経て

4月より本採用となりました。ぱちぱち。

私が入社した企業は某企業の特例子会社。要するに完全なオープン就労です。

そもそも社員として働いたことがなかった私は気分は新卒のようなもの。

ま、もちろん中途入社なんですけどね。

さて、仕事の内容でありますが・・・

きつい!!!

本当にきつい!!!

本当にここは特例子会社なのだろうか・・・

そもそも私は特例子会社に入るのは初めてなので他社と比較しようがないのですが・・・

はっきり言ってふつーにクローズで働くのと変わらない感じです。

配慮?なにそれおいしいの?

そんな感じなのです。

そこそこのお賃金と職場の近さだけで選んでしまいましたが、、、失敗かも。

正直あまり事務は向いていだろうなとはうすうす感づいていましたが

本当に向いていないようです。。

いやあね、事務でもそこまで複雑なもので無ければ多分大丈夫だと思うけど

業務量が多すぎる。ほんとに多い。

担当業務が複数あり、午前中はグループ会社に出張して仕事したと思ったら

午後にはハードな業務が待っています。(詳細は書けませんが全て総務関係です)

一つの業務を深くやるという感じではなく、複数の業務が複雑に絡み合って

それぞれの対応に追われます。バリバリマルチタスクです。。。

Aの業務中にBでユーザーからの問い合わせがあり、その対応中にCで緊急の作業が入る・・・

そんな感じです。お察しの通りマルチタスクはまるでダメなため、

とてもじゃないけど追いきれません。メールだけでも毎日100通以上来るし。。。

お賃金がいい代わりに高い能力を求められる。それは必然的なものだし

ふつーに働くなら当たり前のことなんだろうけど

ここ、特例なんだよなぁ。。。

さっきも書いたけど、「配慮」なんてものはありません。

ほぼ皆無です。

採用するときには「充実した相談体制が~」とか「できる限りの配慮は行います」なんていいことをつらつらといいますが、

ふたを開けてみればただの一般企業と何も変わらない。

まず上司が従業員一人一人の特性を把握しているとは思えない。

定期的な面談なんてあまりないし、あったとしても形だけのもの。

「あーおかわりありませんかー?じゃあ薬出しときますねー」

とか言うそこら辺の医者と変わらない。

つまり、自分から何でも言わないと状況が打開しないのです。

まあそりゃあそうかもしれないけど、もう少し従業員一人一人に目をかけてもいいんじゃない?と思う。

(しかも仮に要望など何か言ったとしてもそれが反映されるかどうかというと・・・)

ジョブコーチなんて頼りになりそうな人もいますが

正直何の役にも立っていない。

たまにメッセで「お元気ですか~?大変ですね~じゃあ頑張ってね!」

と送ってくる程度、という始末である。あのさぁ・・・

うちの会社の問題点、そもそも従業員の受け入れ態勢がまともに整ってないんですよ。

それなのに事業拡大だー儲けるぞーなんて言って、がばがば新人を入れるようなもんだからさ・・・お察しください。

最初わし放置されたからね職場で。

まだ研修期間のときだけど、右も左もわからない。そんな状況。

「何かやることありませんか?何でもやります!」

みたいなことを言っても。

「あ、ごめん、今教える余裕ないから!」

などと言われて、やることがなく変な汗をかいて焦っていました。

もちろんド緊張してるし。

なんて話をお友達(健常者)にしたら、

「なにそれ?そんなの普通じゃん。俺の時なんて~」

なんて言われました。まあ、それが普通なのかもしれないよ。

でもここ、特例子会社なんだよなぁ・・・(2回目)

ほら、配慮ないでしょ?

身体ならまだしもこちとら精神障害なんやで・・・

新人をほったらかしにする、そうせざるを得ない環境ってのはどうかと思うで・・・

今は違う部署に本配属されて、だいぶまともになりましたが

それでも居心地のいいものではないな。

つまり何が言いたいかというと、たとえ特例子会社であったとしても

確実に配慮のある、また良い環境の職場だという保証はないということです。

そこそこ大きいところだから大丈夫やろと思っても

そんなことはありません。大きいからこそガバガバということもあるかもしれません。

どうかお金や立地に惑わされず、よく企業を吟味して就職活動に励まれることをお勧めします。どうか。

ま、1年くらいは頑張ってみるかな。持ったらだけど。

追伸:お世話になった支援機関の方と定期面談していますが、ほかの特例の話など聞くと、配慮がありすぎてショックを受けました。ほんと、お金じゃないんですよ・・・

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です